2016年9月26日月曜日

悲しみはなお深く

息子友理が自殺して3ヶ月が過ぎた。

時とともに心が楽になると思ったが、まったく逆だった。

8月7日納骨し、仏壇に分骨壷と遺影を並べた。
相続に伴う事務的な手続き、カード停止などが殆ど終わり、訪ねてくる人もいなくなった。
ひとり家にいて、泣いてばかりいる日々

「どうして友理は死ななければならなかったの!」繰り返す心の叫び
写真の友理は何も教えてはくれない

何かをしていなくては気が違いそうになる。
そんな私を猫3匹と植物が癒してくれた。
猫と植物の世話をしている間だけ悲しみから開放された。ほんの少しの間だけれど・・・・


9月14日 首都高速株式会社が依頼した第三者弁護士(顧問弁護士以外)大江橋法律事務所山口弁護士が調査結果を報告に来た。
その結果は「パワハラの事実は無かった」だった。

そのような結果がもたらせられるのは予想はしていた。
第三者とはいえ会社よりなのだから期待できない、でも心の奥にほんの少しだけ真実を話してくれる人がいるかもと期待していた。私の甘い希望は木っ端微塵に破壊された。
目の前に突きつけられた結果は、想像以上に衝撃を受けた。

「誰も本当のことを話してはくれない、会社の圧力に真実は葬られた!」

日本社会のパワハラと会社の対応の現実を突きけられた。
平社員のパワハラによる自殺を無かったものとして消し去る会社に怒りと苛立ちと悲しみが湧き
友理のこと、さしては私の生き方まで否定された気がした。

それから数日私は寝込んだ。
日中は何もすることができず食欲も無く、見もしないテレビをつけてソファーに横になったら起き上がることができず、ただ涙が次から次へと溢れ止まらなかった。
まるで深海に沈んでいくように周りが暗くなり、心奥に痛みが広がっていった。

生きているのがイヤになった。友理のそばに逝きたいと何度も思った。
死んで友理の所へ行ってじっくり話がしたいと思った。

友理が苦しんでいたことを知ることさえできないなんて、酷すぎる
彼の苦しみに気づいてあげられなった母親の償いは、その苦しみを知ることでしかないのに
誰も真実を私に教えてくれない、気が狂いそうだった。

でも死ぬことはできない、次男をひとりぼっちにすることなんてできないから
もし次男がいなかったら、私はとうに死んでしたことでしょう
こんな辛く悲しい思いを一生背負って生きていかなければならないなんて・・・・
私はこれから先、どうやって生きていけばよいのでしょう
私は自分の行き方を見失ってしまった。


友人が心のこもった励ましのお手紙をくださいました。
その中に、このような言葉を知りましたと記してくれた文章を紹介します。

「親を亡くした人は過去を亡くし、子を亡くした人は未来を亡くし、配偶者を亡くした人は今を亡くす。」


この言葉は私の気持ちそのものを表しています。
8年前に夫を亡くし今を亡くし、今息子を亡くし未来の半分を亡くしたのです。

私は何か悪いことしたのでしょうか、何故神様は私に最悪の苦しみを与えたのでしょうか


生きていくのが辛い・・・・


でも 生きなくてはならない・・・・


2016年9月12日月曜日

気がつかなかった




友理の顔は小さい頃から夫にとても似ていた。

誰もが「お父さん似ね」と口を揃えてそう言った。

夫がたまに保育園のお迎えに行くと「友理君のお父さんですね」と夫の顔を見ただけで先生やお母さん達にに言われるくらいそっくりだった。

大人になっても、たまに会う親戚に「お父さんに良く似てるわね」と言われていた。


エンバーミング処理し家に帰って来て横たわっている友理の顔
夫にそっくりとばかり思っていたのに、眼鏡を外した顔の鼻の形が私そっくりだった。
それまで全く気がつかなかった。

中学からの親友が名古屋から駆けつけてくれ友理の顔を見て
「鼻の形があなたそっくりじゃない」と一緒に泣いてくれた。

夫似の顔とばかり思っていたのに、鼻は私似だった。
友理が死んで気がつくなんて、私は彼のどこを見てたんだろう・・・・



友理の写真を額に入れて飾った。



写真を見れば悲しくなるのに、泣いてしまうのに、飾らずにはいられなかった。

友理を近くに感じていたいから・・・・・


2016年9月7日水曜日

帰っておいで

いつ帰ってきてもいいんだよ




普段履いていた友理の靴
いつでも使えるように、玄関においている。
もう履くことがない靴、でも下駄箱に仕舞えない。


夕方、台所でご飯の支度をしていると
「ただいま」と玄関のドアを開け帰って来る気がする。
振り向いても誰もいない、涙が頬をつたう・・・

2ヵ月半が過ぎたのに
私はまだ、友理の死を受け止めることができない


帰っておいでよ 友理


2016年9月3日土曜日

使えなくなった包丁

お気に入りの鋼の包丁 





去年から、友理はキャンプを楽しむようになった。
キャンプ道具を次々に買い揃え、キャンプを楽しむための準備を進めていた。
キャンプ飯にも凝り「燻製」や「パエリア」を自宅で試作していた。

凝り性の友理

キャンプ用ナイフを購入し自分でナイフを研ぐことを覚えた。
砥石や研ぐためのグッズを買って、自分のナイフを研ぎ、私の包丁も研いでくれた。



左手で紙を持ち、右手に持った研いだ包丁でその紙を切る。
「凄いでしょう、めちゃ切れるようになったよ!」って自慢げだった。

普段の包丁の手入れにと皮砥まで自作し「これ、お母さんにあげるよ」とくれた。
まだ使い方ちゃんと聞いてないのに・・・



友理が研いでくれた包丁、使っていたら切れ味が落ちてきた。



これ以上切れなくなるのがイヤ・・・・

友理のひとつの思い出が消えるようで・・・・