2016年5月22日日曜日

三宅島初上陸

迷子になったら「迷子椎」を探せ!



2016年5月16~18日 三宅島観光&トレッキング、火曜会に参加し「三宅島」に初めて行きました。
Sさんが三頭山で偶然知り合った方が三宅島在住のご夫婦で、島を訪れる運びとなったのです。

17日(月) 竹芝フェリー乗り場集合 「出航30分前でいいですよ」とリーダーから言われたけど、9:30には揃った。「家にいても落ち着かないから、ちょっと早いけど来ちゃった」皆同意見!
22:30東海汽船「橘丸」出航


夜景が美しい。


「橘丸」は2013年に新しく就航した船、私とSさんは二等、4人のお姉様方は特等室、
特等室でビールで乾杯12時までおしゃべりして2等室へ、エアマット持参し100円で毛布を借りた。
女性専用10人部屋に4人、空いていた。寝たと思ったらアナウンスで起こされた。

17日(火)4時半起床5時下船、宿のご主人のお迎えで、島を案内してもらいながら宿へ行きました。


「民宿みなと」部屋に布団が敷かれていて7時まで仮眠、朝食に韓国風おかゆを頂きました。
この宿の女将さんは韓国の方、お若い頃はモデルをしてたという美人ママです。

雲行きが怪しいく、歩き始めから合羽着用、トレッキングと言っても舗装道路歩きです。


溶岩が流れた跡に草木が生え、山は月日をかけて緑を取り戻しています。
枯木がそこら中にニョキニョキ立っている姿は霧で不思議な景色でした。

晴れていれば七島展望台へ行く予定でしたが、霧で何も見えず雨が強くなったので東屋とトイレがある近くの廃墟でひと休み、ここから雄山に行けるのですが、今は立入禁止になっています。
コシキの穴にちょこっと立ち寄り阿古地区へ下ります。木苺・桑の実食べ放題、明日葉摘み放題、たらの木もいっぱい(タラの芽育ち過ぎ)


お花も沢山咲いていました。


東屋でお弁当を食べて、火山体験遊歩道へ
1983年阿古地区を襲った噴火で崩壊した阿古中学校、痛々しい姿で残っていました。


「ふるさとの湯」で温泉に入り、民宿女将さんに迎えに来ていただき宿に帰りました。
外は雨、お部屋でビール飲んでおしゃべりしたり、テレビ見たり、ウトウトしたり、ゴロゴロして夕食まで時間を潰しました。
夕食は魚づくし、メジナの煮付けがひとりに一つとお刺身、ご主人が吊り上げた魚だそうです。
明日葉や畑で取れたお野菜を使ったお料理、鮮度抜群、美味しゅうございました。
私達にはちょっと塩気が多かったけどね!お陰でビールがすすみました^^
一番大切なのは5月生まれのお姉様の喜寿のお祝い、77歳で山を歩けるって素晴らしいです。
お腹いっぱなのに甘い物はやっぱり別腹!とても美味しいケーキでした。



18日(水) 朝食後、宿の近くに散歩へ お天気最高、昨日の雨が嘘のようです。


午前中、自然ガイド(穴原航太郎さん・伊藤奨さん)に島を案内していただきます。
まずは「七島展望台」へ、昨日歩いた道を車で行くと、霧に包まれて見えなかった景色が見え二度楽しめ得した気分です。展望台は飛ばされそうな強風でしたが、素晴らしい景色が見られました。



次へ向かっていると野生の雉に出会いました。
「アカコッコ館」で島と野鳥の説明を受け、双眼鏡をお借りしてバードウォッチング、残念ながら「アカコッコ」を見ることはできなかったので、私が「アカコッコ」に変身~


三宅島はバードアイランド、噴火が繰り返されることで野鳥の天敵である蛇が居なくなったそうです。でも鼠退治に導入されたイタチによってイタチを放される前の1/3に「アカコッコ」が減ったそうです。
同じような話は、沖縄のマングース、ニュージーランドのオコジョ、と世界中にあるんですね!

「大路池」には「迷子椎」という樹齢600年と言われるスダジイがります。(トップ写真)
椎の森を小鳥のさえずりを聞きながら歩くき大路池へ



昭和37年の噴火で出来た山なので「三七山」 同級生だわ!



「椎取神社」2000年の噴火で埋もれた鳥居


すぐ側に新しくした神社


緑の上に突き出た枯木、この木はまだ生きてヒコバエを生んでいるのです。
神社の奥に「御神木」がありました。自然の驚異と生命力を感じました。


「ギャラリーカフェカノン」でガイドツアーは終わり、短い時間に駆け足で観光でしたが、島の暮らし、自然や歴史を知ることができ楽しかったです。
「ギャラリーカフェカノン」で手作りパンのランチを食べ、バスで港へむかいました。

写真右はタラの木、三宅島のタラの木には棘が無いんです。山を歩いていて沢山見かけましたが、幹に棘がないので本当にタラの木かとても疑問でした。島には沢山タラの木があって、それを取って食べる人間の数より多いので、身を守る棘が無くなっていったそうです。ちなみに、ガイドの穴原さん宅の近所のタラの木は頻繁に芽を取るので、棘があるそうです。面白いですね^^



出航まで港を探索、海の色が深く済んだ青、岸壁に画家穴原甲一郎さんの祭の絵、
フェリー着岸のお仕事をしてる男性が長い棒を持ってきて何か始めました。すると見事にアワビをすくい上げたのです。よくよく見ると3匹ほど岩場にいました。残念ながら棒が届きませんでした。


もう一泊したい気持ちを抑えて、船に乗り込み三宅島を後にしました。


帰りは皆2等室、お天気は良かったのですが、うねりがあって左右に大きく揺れました。
それ以上に大姉様の話が面白くて面白くて、酔ってる暇無し、かなり腹筋鍛えられました。
東京湾に入った途端に船は揺れなくなり、17時レストランで夕食を食べました。

黄昏迫る船からの景色がステキ


夕焼け


富士山 コンデジのシーンモードで遊んでみました。


予定より30分遅れで竹芝桟橋着岸 それぞれ家路につきました。
旅の終わりはいつも寂しいなぁ~


海の上に出ているのは7合目から上、海底にい1~7合目までがあるというのはびっくりです。
20年に一度の割合で噴火を繰り返しているというこの島、それでも島民は島を愛し戻って来る。
リーダー「雄山に登れるようになったら是非とも登ってカルデラを覗いて見たい!」同感です。
 
「三宅島」とてもよい島でした。島には、美しい海と自然、緩やかに流れる時がありました。

2016年5月16日月曜日

笹子峠からカヤノキビラノ頭

コイワカガミ満開


2016年5月14日(土) 笹子峠~カヤノキビラノ頭~大洞山~ボッコノ頭~大沢山~稲村神社

女性9人「高尾駅」で集まり「笹子駅」下車、塩山タクシー「ジャンボタクシー」で笹子峠へ


トンネルの右側からスタートしトンネルの真上へ登る。


マイナーな山にもしっかり道標がある。さすが山梨県!


30分程登ると「ミツバツツジ」が出てきた。標高1400m辺りが最盛期


地図に表れない小さなアップダウン、それも急登を何度も登って下って!


中尾尾根ノ頭から アオダモの花満開 風が気持ちい


「大洞山」で早めのランチバイキング 「自家製糠漬け・切り干し大根煮物・甘夏」提供!


相変らずアップダウンが続く


ボッコノ頭からしばらく緩やかな稜線歩き、新緑と木漏れ日が美しい♪
すると、お目当ての「コイワカガミ」がいっぱい~暫し撮影タイム


沢山の山野草と出会いました。


落ち葉に隠れた枯れ枝に足を取られて転んでしまう、転びながら目の前に石が見えた。
このままだと胸を打って肋骨骨折になる!とっさに右手を石に左手を胸に当てた。
案の定丁度、石の位置に胸が当たった。一瞬息が出来なくて動けなかったが打撲だけですんだ。
油断大敵、そこからストック出して注意しながらあるいた。

「大沢山」から稲村神社へ下り、追分バス停から笹子駅までバスに乗り、バスを降りた途端もうダッシュ、ホームに電車が着てるよ~本日一番疲れた瞬間でした。

行動距離:10.65km  標高差:820m 行動時間:6時間

朝の電車には沢山のハイカーがいましたが、私達が歩いたマイナールート、出会ったのは単独男性ひとり、その方も人に会うと思わなかった!だって「ミツバツツジ」「コイワカガミ」に会えて静かでいいルートでした。
久しぶりに、しっかり筋肉痛になりました。
 


SNSコミュニティー「山姫」最後の山行、管理人さんを労うためにしゃらさんが企画してくれました。
管理人Mさんはお膝の具合が悪く残念ながら参加できませんでした。でも下山後「高尾駅」まで来てくれて二次会に参加してくれました。私は二次会に参加できなかったけど駅で会えました。
彼女とは私が山歩きを始めた頃からの友人、今後また一緒に山へ行ける。

「良くなったら山へ行きましょう!そして、管理人ご苦労様、ありがとうございました。」

シンボルツリー ヤマボウシ♪

咲いた♪咲いた♪



去年植えた我家のシンボルツリー「ベニバナヤマボウシ」=「紅花山法師」花が咲きました。


紅?5階から見ると白色にしか見えないよ!?

よくよく見ると、ほんのりピンク 可愛い♡♥♡



ヤマボウシは「花」→「緑」→「果実」→「紅葉」 一年に何度も楽みがある。
実は「果実酒」、落葉は「腐葉土」に作ってみたい。
日々の生活中に楽しみは沢山潜んでいるものだ、それを探しだすのは宝探しと一緒かな^^

2016年5月11日水曜日

益子焼の植木鉢と百円ショップブリキのバケツ

げっちゅう♪



2016年5月5日益子陶器市でゲットした品々、こんな小さい植木鉢初めて見た。
小さい方は指ぬき(親指に被せるタイプね)サイズ、変わった形のも気に入った。
ガラスの器の中にあるのは「亀の剣山」、ベランダに咲いた花を生けて仏壇に供えるの
夏は生花はすぐに枯れちゃうから、これの方法が一番!



猫の置物は、お顔が猿みたいだったから迷ったが、作者が無料で提供し売り上げは全て熊本の災害支援へ送ると聞いたので購入を決めた。

植木鉢に多肉植物を植えました。


4種類のセダム、育ってモリモリになるのが楽しみ♪




ダイソウでブリキのバケツを5個購入 これを可愛い植木鉢にしてしまうのだ!


底に穴を開け、道具があると簡単綺麗にできます。
単に釘と金槌で穴は開けられるけどバリが残って、怪我したリ、水はけが少し悪くなり、そこから錆びやすくなったりするので、ドリルで開けます。見た目も綺麗だしね。


真ん中の穴ふたつに、ステンレス針金を通して輪を作り、缶の中でひねって留めます。


その針金にS字フックを掛けて連結させます。


ベランダで植える多肉をチョイス、一番上は「グリーンネックレス」下に垂れてくるのが狙いよ!
モフモフになる丈夫なセダムと葉っぱから育てたエケベリアを選んだ。


完成 どうです。園芸店で買ったら2000~3000円はしそうでしょ^^



ガーデニングが 楽しくて 楽しくて しょうがないこの頃

4月22日植えたセダム、モリモリと育っております。


カットした「火祭り」は新芽が出てきたよ。


「紅鳥花」花が満開


楽しませてくれた「ビオラ」「ノースポール」は、時期がちょっと遅かったけど切り戻りした。
復活してくれるといいんだけど・・・


家にいるのも楽しいこの頃です。♪