2016年2月29日月曜日

DIY プランターシェルフ改造

プランターシェルフNO.2を改造の巻き


プランターシェルフNO.3を作ったら、NO.2の形が気に入らなくなった。
並べて置いてもしっくりいくように改造、釘でなくビスで組み立てているとこれが簡単に出来る。
電動ドライバーでビスを抜いて、形を変えて打ち直し、余分な部分を鋸でカット。

鋸を引くのが一番疲れるわ~また腰が痛くなってきた!

白でペイント、すでにオイルステンが塗ってあるので油性の白だとにじんでしまう、そこで今回はシリコン入り水性スプレーペンキ使用、楽ちん塗装


並べると、面が揃ってスッキリ


春になったら、室内にある「多肉植物」を並べましょう^^

東京マラソン観戦とまるごとにっぽん

みんな頑張れ!



2016年2月28日 東京マラソンを観戦に出かけた。

今まで、東京マラソンの日は毎年お山に出かけていて、東京に居ることがなかった。
今年は暖冬でスキー計画も少なく、家にいたので実際に自分の目で見てみようと出かけた。

都心に出るついでなので、小川町の山道具屋に地図を買いに寄った。
日曜日というのに人がまばら、マラソンルートをちょっと外れると驚くほどで静かだった。

丸の内線で銀座に行き、ソニービルから地上に出た。


数寄屋橋交差点に地下道で移動し、日本橋まで歩いた。

扮装して走る人、膝の痛みと戦いながら走る人、路肩の応援団とハイタッチする人、
「完走サポート」と書かれた金色の風船を付けて黄色いユニホームで走る一団

京橋の給水所の水は無くなっていて、その先にバナナ、ロールケーキを配ってました。
歩道を歩いている人にもロールケーキ配っていて、私もひとつ頂きました。
何故?と聞くと「ロールケーキが余りそうなので」とスタッフ 


ランナーはこの横断幕を見て「半分過ぎたんだ~頑張ろうって!」思うのかな^^



日本橋から浅草へ地下鉄銀座線で移動



雷門、スカイツリーをバックに写真を撮るランナーがいたりテレビ中継カメラがあったり賑やか



ここで私の観戦は終わり
お腹すいたので浅草六区の古い天麩羅家さんで天丼食べて「まるごとにっぽん」へ行った。


仲見世は外人さんだらけだけど、ここは日本人ばかり
日本各地の自慢の選りすぐりの品がセンスよく並べられ販売されていた。
 

「梅日和」梅干専門店で「三年梅」と「干し梅干」を購入


「三年梅」そのまま食べる用の梅干、美味しいけどお料理に使うのには向かないなぁ~
「すっぱいほし梅」は塩だけで漬けて乾燥させただけの物、飴玉みたいにしゃぶる梅干でした。



2016年2月23日火曜日

雪崩講習会とスキー

山スキーやっと楽しめました♪



2016年2月20~23日 妙高高原

20日雪崩講習会 富山大学名誉教授理学博士「川田那夫先生」をお迎えしてお勉強

午前中は座学、スライドを見ながら雪の成り立ち、積雪の種類等を教わる。
午後から外で雪原に穴を掘ってピットテスト

私前日に腰を痛めて見てる人、掘るのは他の方にお任せ、2m程掘りました。



先生が仕上げ、先を研いだ特性シャベルで段面を整え、なお且つ平たいコテで均します。


断面を見ると「新雪」→「しまり雪」→「しもざらめ雪」→「ざらめ雪」となっているのがよく解った。
指先で押してみると、「しまり雪」でも硬い部分柔らかめの部分があった。
ゾンデを雪面から優しく刺していくと、スッと入る部分、強く押さないと入っていかない部分があり、その積雪断層が想像できるのだそうです。

宿のゴム長靴をお借りしていたので、足の冷たさに我慢できず途中で、靴を履き替えに行き、遠くから見ると「何をしてる人たちか??」他のお客さんに不思議がられました。


雪面から直径30cm程の雪柱を掘り出してピットチェック、終わったら全て埋め戻します。



温泉入って冷えた身体を温め、夕食まで先生を囲んでおしゃべり
「ツバメハイランドロッジ」の豪華なディナーをいただき、寝る前に再び温泉につかって就寝


21日外は雨から雪になり午前中はゆったり、昼食後先生とHさんを見送り連泊組み4人はスキー!
ハイランドロッジ裏側からトンネル(通行止になっている)を通って赤観スキー場へ


半日券でゲレンデスキー こたちゃんスキー教室


16時まで滑ったら、チャンピオンゲレンデから林に入り急斜面を下って宿に戻りました。
この斜面2014年4月スキーで、何度も滑り落ちやっと登った思い出の斜面


 
22日 藤巻尾根リベンジ

関温泉駐車場に車を停める。霧が濃くチラチラ雪が降っているが天候回復を期待して出発
今年二度目、ルート解るので最初はトップで歩く、前回(1月31日)より雪が増えていい感じ

前回下り過ぎて谷に下りてしまったので、こたちゃんが目印に青いスタッフバッグを結びました。
1420mまでハイクアップ


シールを外してドロップ 風を避けてランチ


パウダーツリーラン 最高♪ こたちゃん撮影




目印を回収し痩せ尾根に突入、天気回復してきたが雪が重くなり曲がらない!
ルートを外さないよう、転ばないよう、注意して先頭で下る。


あっと言う間に林道に到着、シールを付けてゲレンデへ登り返しリフトに乗って駐車場へ戻った。


今年初のBCスキーめちゃ楽しかった。これだから山スキーはやめられないわ♪



「道の駅とまと」で十割蕎麦を食べて高速の人となりました。

帰ってきて「腰痛」が無いことに気づいた。温泉と運動で完治したのかな~



2016年2月17日水曜日

DIY 道具箱No.2

DIYって道具よ道具!


段々増える道具、最近買ったのはその名も

    「ネジザウルス」

ペンチでもありながら、舐めてしまったネジを外せる優れもの
私、インパクトドライバーでビス止めの際、ネジを舐めてしまうこと少々あり
そういう時に威力を発揮するのです。
これでネジ穴が潰れても大丈夫、安心安心って、潰さないようにするのが先だ!

道具が増えたので、道具箱の大きいのが欲しくなった。
そんで、廃材と1x6材でつくりました。


小さいのが前作、かなり大きくなって道具を入れたらスカスカ、大きすぎたかな~


ペイントして、植木を入れる箱としてもいいかな^^

DIY ベランダプランターシェルフNo.3

ならんだ♪ならんだ♪多肉ちゃんが♪



先日の「春の嵐」がきた時に「やばい!」と思い室内に可愛い「多肉植物」を避難させ、今年は暖冬だから大丈夫だろうと決め込んで、冬用に買った市販の簡易ビニールハウスシェルフを解体し倉庫にしまった。

ホームセンターや園芸店でちょいちょい買っていた「多肉植物」増えすぎて置き場所が足りない・・・
DIY気分がウズウズしてきて、以前から考えていた新しいベランダ用プランターシェルフを作ることにした。まずは採寸して設計図を描いてみる。


こんな感じ、ベランダが狭くなるのが嫌で、奥行きが30cmにし上に行くに従って狭くなる。
そうすると、下の段に光が沢山当たり、お手入れがしやすい・・・・はず!
高さはリビングのソファーに座ってスカイツリーを見るのに邪魔にならない高さ

スーパービバホームで1x4材を購入しカットしてもらい、家にある端材も使ってサイドを組み立てる。


板を組み合わせて設計図とはちとばかり違うデザインにした。
組み立てる前に全ての板にヤスリをかける、そうしないとペンキのノリが悪いのです。
棚板と背板をビス止めしてペイントするとこうなりました。


一番下に棚板が無い理由は「避難梯子」がありその上には物を載せられないのです。
避難梯子の蓋を開放するには床から50cm必要




安定感に欠けるので、L字金具で2箇所固定しました。



可愛い子達を並べました。あ~らステキ♪



春になって、この子達がすくすく育つのが楽しみです。

2016年2月14日日曜日

小さな幸せ11 ふわふわどら焼

これが行列ができるどら焼♪



次男がお客さんからバレンタインにチョコ等を貰ってきた。

「食べていいよ~」

その中にどら焼が1ヶ

お~これは行列が出来る浅草亀十の「どら焼」ではないか!



まるでスポンジケーキのようなフワフワでしっとりした生地、口の中でとろけると言っていいかも
餡子は粒餡、甘すぎず生地とマッチしていて洋菓子のよう


息子よありがとう  ご馳走さまでした。♪

貴方は甘いものはあまり好きでないので母はバレンタインにチョコはあげないよ^^

2016年2月12日金曜日

前武尊山 スキー

まるで春スキー!



2016年2月11日 上州前武尊山 山スキーもどき

ゲレンデでもいいからスキーしたいとKちゃん誘って日帰りスキー、週末は天気が悪いので11日に変更し今年3度目のスキー、快晴で風少なく素晴らしい景色でした。

オグナほたかスキー場リフトでゲレンデトップへ、シールを付けてハイクアップ


前日は風強く降雪あり、本日は群馬県地方雪崩注意報が出てました。
2月1日荒砥沢で雪崩でひとり亡くなっています。

新雪のターンに苦労するKちゃん、私も初心者時、滅茶苦茶苦労したので辛さがわかる。
ヘタクソながらもアドバイス、あとは沢山経験積んで、感覚を覚えて慣れていくしかないのよね



ハイクアップの足を止め振り返ると富士山、浅間山、日光白根山、皇海山、袈裟丸・・・・キレイだわ~



ゲレンデトップから標高220mハイクアップで山頂到着~♪
日本武尊様は全身雪の上、去年3月にきた時はバストアップ、例年ならすっぽり雪の中らしい
巨大滑り台「剣ヶ峰」にも雪が少ない・・・


パンとコーヒーでランチ、暫し素晴らしい景色を楽しむ。
十二沢を滑って登り返す予定でしたが、雪崩注意報が出てるし雪少ないので、前武尊山東尾根を滑ってゲレンデへ戻る、あっと言う間に終わりです。



ゲレンデから振り返る。


レストハウスでコーヒー飲んでひと休みした後、ゲレンデ滑り降りるが雪質悪く面白くない、こんなんで一日券買って滑る気ににはとてもならないわ!

「しゃくなげの湯」で温泉につかり、熊谷のうどん屋さん「さくら屋」で夕食食べて帰宅しました。
山スキー練習の一日でした。

2016年2月9日火曜日

西上州 道平沢左俣

今年は小さい氷柱



2016年2月7日(日) 西上州 道平沢へ氷柱を見に行ってきました。

新町駅でピックアップしてもらい荒船湖へ向かう、メンバーはU隊長+女性4人
車を停め、冬靴、スパッツ、ハーネス、ヘルメットをつけ出発


暫く林道を歩くと蝋燭岩が見え、その先の橋を渡たると祠があり手を合わせる。
祠のすぐ先に急斜面をジグ切って登ると2m程の穴があった。穴をくぐっるって左俣沢に下りる。
 

沢には雪が積もり、雪を踏み抜きズボッと足が沈んでしまう場所がありました。


ピンクリボンに沿って沢を渡たり、高巻き進む。



歩き始めて1時間10分程で最初の氷柱が出てきた。


氷に閉じ込められた落ち葉



沢に積もった雪は重くモナカ状態、深い所は20cmあった。



凍った小滝を登る。



11:30最初の氷瀑ポイントに着く、しかし小さい、去年はしっかり凍ってアイスクライミングできたとのこと、暖冬だからしかたない、でも氷の芸術は美しかった。
ここで魔女になってみた。


滝の左側を高巻く、高巻いた岩棚の下でランチする。
パンは飽きたので、お稲荷さんを電子レンジでチンしてホカロンと一緒に保温バッグに入れて持参、テルモスのお湯でフリーズドライ味噌汁と共に食べた。暖かくはないけどポロポロご飯にならずに食べられた。


一段上の滝 


氷の彫刻



凍っていればアイゼンが効くので歩きやすいが中途半端な積雪、トップは疲れますね。



13:54時点で折り返す。下りは楽、急登2箇所練習を兼ねて懸垂下降する。


凍った滝を見たのは初めて、日光雲竜渓谷が有名だけど山渓に載ったことで人が増え賑やからしい、ここは雲竜渓谷に比べれば規模は小さいが、滅多に人が入らない静かな氷瀑が楽しめる。
来年もまた来たいと皆でU隊長にお願いした。

スキー以外の雪山は久しぶり、冬靴・アイゼン一年振りの出番でした。
たまには使ってあげないとねぇ~
 
あ~楽しかった^^