2015年10月27日火曜日

DIY 電子レンジ台

やっと出来上がった!


9月中旬から作り始めた「電子レンジ台」やっと出来上がりました。
材料はパイン集成材 セール価格3980円+カット代350円
天板はカウンター棚の残り板、引き出しは家にあった端材を使用

まずはやすりをかけてオイルステンを二度塗って充分に乾かし、
天然成分ワックスを塗りこみ乾かす。

「BRIWAX」はクリアニスとは違いムラにならずに光沢が出せる優れもの、3240円とちと高い!
台所用スポンジで塗り広げタオルで余分なワックスをふき取りこすって艶を出します。


BRIWAXの蓋を開けて真っ黒い色にびっくり!
ワックスなのに14色もあるというのをすっかり忘れてて、スーパービバホームで適当に買ったのが功を奏してアンティーク調でいい感じになった。色は「ジャコビアン」
右が使用前、左が使用後


引き出しを作り 端材を組んでボックスにし前面にはビス穴が見えないようにダボ止めしてみた。
ダボ用ドリルビットとダボマーカーを購入し使ってみたら、これが滅茶苦茶楽チンだった。


引き出し側に適当にインパクトドライバーにダボビットを付けて穴を空ける。一定の深さで穴があくのだから楽チン、次にあけた穴にダボマーカーをはめて前面板を合わせてると印が付くのです。
その印をもとに穴をあけます。穴に木工用ボンドを流しダボを打ち込み、接合面にもボンドをたっぷり塗る、そして飛び出してるダボにまたボンドを塗り前版と引き出し部分を木槌でゴンゴン叩いて接合しました。ちなみに引き出しはキャスターで引き出せる仕組みにしました。


ここまで順調に作ったが、組み立てまで時間がかかってしまった。
東北旅行したり、山行ったり、特殊蝶番をネット注文したりしたしぃ~

10月19日 日曜だというのに山にも行かず仕上げをしました。
「フォーリングヒンジ」の取り付けに四苦八苦、ミリ単位の誤差でビシッと決まらない!
何度もやり直しているうちに、板のあちこちに傷が(涙)

いざ組み立ててみると、扉と側板が片面だけ当たる。ここもミリ単位でずれてる・・・・
仕方ないのでカンナで削って誤魔化す。

天板はダボ止め、上手くいった(喜) 何とか形になりました。


柱と窓の間ぴったりサイズ、こだわりの工夫がいっぱいでございます。

・左端はプラ専用ゴミ箱
・棚下段引き出し式で「米・小麦」収納
・上段の薄い隙間は電子レンジ天板収納 
・中断は、ミキサー、ミルサー、ホットサンドメーカーを収納、ホントは製パン機を入れようと考えていたけど、1cm高さが足りなかった。扉を前倒し式かつフラットになりちょいと物を載せられる。
このために「フォーリングヒンジ」が必要だった!



電子レンジをガステーブル前に移動したことによって、調理の動線がよくなり、ダイニングの景色がすっきりしました。しかし、調理家電はいつの間にか増える・・・・なぁ~

この日の夕飯作る気力無し、近所のお好み焼屋さんへ生ビールが旨し~♪




2015年10月23日金曜日

シンボルツリーがやって来た!

でっか~!


2015年10月16日 頼んでいたシンボルツリーが来ました。

お隣の駐車場をお借りして、クレーンで吊り上げ移動、3mくらいの木かと思ってたら5m以上ある。
「この場所じゃ、このくらい大きくないと映えないよ」って森さん


おまけで、ツツジと植木鉢が付いてきた。


五階から見るとこんな感じ



「桃色ヤマボウシ」春にはピンク色の花を上向きに咲かせる。

楽しみだなぁ~♪


暫くは、落ち葉かきに忙しくなりそう!


笹子雁ヶ腹摺山

どんぐりころころどんぶりこ♪



2015年10月20日(火) 甲斐大和駅~道の駅~雁が腹摺山~新田~笹子駅

久しぶりに火曜会に参加、元気な姉様方と「笹子雁ヶ腹摺山」へ登ってきました。

「雁ヶ腹摺山」って三つある「雁ヶ腹摺山「笹子雁ヶ腹摺山」「牛奥ノ雁ヶ腹摺山」 
渡り鳥であるがその腹をこするようにしてここを越えていったことから、雁ヶ腹摺と呼ばれたそうです。面白い名前だから一度聞いたら忘れないけど、三つあったとは知らなかった!
そう言えば「御前山」も大月には沢山あるのよね

「高尾駅」で集合時間を1時間違えて早く来たことに気づいた。大ボケだ><
ホームのベンチでおにぎり食べて、本を読んで待った。寒くなくてよかったわ
お姉様方と2ヶ月振りの再会、お元気でらして嬉しい♪
「甲斐大和駅」から国道20号を歩いて「道の駅」へ、2013年1月スキー帰り大雪で高速が通行止めになりこの道をノロノロと走ったのを思い出した。

笹雁北尾根を登ります。いきなり斜面から落ちた多量の石がゴロゴロ。
ステップが切ってありトラロープがある巡視路、最初は急登その後も傾斜がきつい登り。



鉄塔の真下で見上げるとくもの巣みたい


猪が掘り起こした跡が多数あり、遠くから「ピー」と鹿の声もしました。
この山にはどんぐりが沢山落ちていて種類も多い、動物は大喜びでしょう!
お家に飾ろうと思いつき「どんぐり」を拾いながら歩いた。
笹子トンネルの真上を歩き「お坊山」の分岐をすぎたら山頂
南アルプスが霞んだ空にやっと見えました。


火曜会名物「山頂ランチバイキング」


私と亀ちゃんのお稲荷さんがダブった!打ち合わせ無しの持ち寄りですからねぇ~


登りも下りも急です。ストック出して下山開始!
靄ってますが「富士山」なんとか見えました。


予定通り新田バス停着、バスが来るまで皆でストレッチし笹子駅へ
高尾駅でチョイ打ち上げして帰りました。



活動距離:6.34km 活動時間:4:47 累積標高登り:953m 累積標高下り:885m
風の無い暖かい秋の日、楽しい山行でした。
 

2015年10月16日金曜日

東北紅葉ツアー2015 その4

紅葉満腹!



10月10日(土) 奥松島~蔵王エコーライン~裏磐梯

道の駅上品の郷コンビニでコーヒーとサンドイッチを買い出発
ドライブしながら朝食、向かう先は松島、それも「奥松島 嵯峨渓巡り遊覧船」
遊覧船は9時半から、たっぷり時間があるので、昨日メールでKIYOちゃんに教えてもらった
「大高森山」に登った。この辺りでは一番高い場所、松島が一望できる。
20分程で山頂、独り占めかと思ったら先客が2名、お話をすると自衛隊員
コーヒー入れて朝食をここで食べるために1時間かけて自転車で来たと言う。


遊覧船チケット売り場に行くと、始発は予約で次便になると言うそれじゃ時間的に乗れないと諦めかけていたら、小さな子供二人連れのご家族と一緒に先に出してくれることになった。ラッキー
定員17名小さな船だけど、船頭さんとの距離が近く説明が聞きやすい。
震災で被害をうけた「牡蛎の養殖」は完全復活し、今日から生牡蠣の販売が始まるらしい!


太平洋の波が岩肌を長い年月をかけて削られてできた白い岩肌の「嵯峨渓」


写真左上:「めがね崎」は別名「象の鼻」象さんそっくり
写真右上:津波によって削り採られた「みさご岩」はアーチ部分が津波によって崩落し、まるで刃物で切られたようになっていた。
写真左下:日本地図のような岩だったが、これも津波で削り取られてしまった。


日本三大渓「嵯峨渓」「猊鼻渓」「耶馬溪」 この旅で二つ見た。
来年は大分の「耶馬溪」を見にいこうかなぁ~
たまには、「山ば」かりでなく「海」もいいもんだ!


次の目的は「蔵王エコーライン」、観光客が沢山いる松島を通り高速道路に乗る。
今日は土曜日高速料金割引日、平日の移動は下道オンリー、高速料金1000円の頃が懐かしいわ

村田ICを降り「道の駅村田」に立ち寄る。
「しそ巻き」の味見、「くるみ・胡麻・ピリ辛」でれも美味しい
店頭販売していたお姉様とお話して、「どれも美味しいかれ3種類入ったパックをちょうだい」と言うと、たくさんオマケをしてくれました。もとの量の3倍も!

蔵王には年に数回、沢登・山スキーに来ている。
去年は9月終わりに「沢登り」に来ていた。白峰会の皆様お元気ですか^^
今年はエコーラインを走り、紅葉を愛でる。
「三階の滝」2011年9月10日沢登りしている。対岸から見るとあそこ登ったんだって感動


「コマクサ平」から 「不帰の滝」「振り子滝」「丸山沢」
「振子滝」は2013年7月6日「丸山沢」は2013年10月6日に沢登りに来ている。
宮城蔵王はすっかりお馴染みの山^^


エコーラインをドライブし山形へ、ロープーウェイ辺りが紅葉真っ盛り


米沢南陽道路を走り、米沢から「白布温泉」を抜け裏磐梯へ
東北の紅葉が好きになるきっかけとなった「西吾妻スカイバレー」感動紅葉ドライブ!


「錦平」 曇り空で艶やかさに欠けたけれど、その美しさはまさに「錦」
三脚にカメラを構えるお兄様とおしゃべり、車中泊しながら東北を旅してる話をすると「泊めてあげてもいいけど、男ひとりだからねぇ~」とお優しいお言葉、「いえいや、私の車快適ですから」と私


天気予報では明日は雨、頑張ってここまで走っ来た甲斐があった。
お日様の光が欲しかったけどしかたない、来年また来るわ^^


桧原湖へ下り、日帰り温泉「香の湯」にはいり、桧原湖遊覧船駐車場で車中泊
この辺りはちょっと遅くなるとお食事処が無いので、持ってきたフリーズドライフードを食べることにした。山用に買っておいた賞味期限が切れた食品を食べてしまわねば!




10月11日(日) 磐梯吾妻レイクライン~スカイドライン~玉子湯旅館日帰り湯~帰宅

車中泊にすっかり馴染んで、まだ帰りたくな~い!もう少しフラフラしていたいけどそうもいかない
今日は雨、連休中日高速道路の渋滞は無いだろうから帰るとするか!

車内を片付ける。敷きっぱなしのマットレスをたたみ、後部座席を起こす。
ゴミをまとめて、お風呂セットだけ別にする。でも真っ直ぐには帰らないよ!
紅葉をたっぷり楽しんで、温泉に入るんだもん

レイクラインを走る。早朝だからかお猿さんが道路に出てきている。


「中津川渓谷」


2014年7月20日「中津川渓谷沢登り」前日の大雨で水量が多く、途中敗退した。
ここに来る時って雨なんだなぁ~


「吾妻磐梯スカイライン」は高湯温泉側から「つばくろ谷」→「浄土平」が一方通行
大雨で道が崩壊しているため、土湯温泉を回って「つばくろ谷」に行く。

「つばくろ谷」は2011年10月15日に震災復興支援と題して観光と登山に行った。
あの時も雲の多い天気、今回は小雨ぱらぱら下り坂、でも時々太陽が射す天気雨、霧が上って来る様子が幻想的でした。トップの写真がそれ!橋の真下「不動沢」は錦の帯 
何度見てもステキだわ(^o^)



今日の最大のミッションは高湯温泉「玉子湯旅館の日帰り湯」10:30~15:00
登山の後入りたくても時間が合わず入れなかった福島出身の友達一押しの温泉!

残念ながら写真無し!内風呂大浴場4階で全身洗って、一度服を着て1階露天風呂へ
露天風呂三箇所全部制覇しようとしたけど、最初に入ったお風呂で他客とお話してたら満足してしまい、残り二ヵ所は覗くだけ、乳白色の硫黄泉いいお湯でした。
人気の日帰り湯は人が多いと断られるとか!連休ですが朝一番とあって人が少なくてよかった。
玉子湯旅館温泉はここでチェックしてください。

紅葉は満腹になったけど、お腹は空きます。お蕎麦が食べたくて福島出身の友達にメールでお奨め蕎麦屋「紅葉亭」を教えてもらい直行 店先には5組ほど並んで待っていました。
30分程待って入店、鴨なん蕎麦を注文、昨日はまともな食事してないことに気づき、天麩羅追加
昨日から新蕎麦だって(喜) 鴨なんのお汁がめちゃ美味しい、お蕎麦は更科シコシコでした。



紅葉もお腹も満腹


まだ帰りたくない~けど、そろそろ帰ろう!
雨の高速を走り、スカイツリーの見える我家に向かったのでした。

車中泊で一人旅だなんて「寂しいかな」って少し思ってたけど、日に日に楽しくなっていき
今まで車中泊で熟睡できなかったのに、マットレスのお陰で爆睡でき、行き当たりばったりの旅に自由と快感を覚えました。これは癖になりそう^^
道の駅・日帰り湯・コンビニのお陰で日本中「らら号」で旅できる自信がつきました。

次は何処を旅しよう♪


2015年10月15日木曜日

東北紅葉ツアー2015 その3

秘湯と紅葉 こりゃたまらんらん♪


10月8日(木) 葛根田渓流~錦秋湖~巌美渓

5時半起床、早く寝ると早く目が覚めるもんだねぇ~
「秋田・岩手 十和田湖エリア 紅葉と温泉キャンペーン」パンフレットを参考にまずは
渓谷の紅葉には少し早いが「鶯宿の逢滝・夕滝」を見に行く、看板が解りにい、かなり通り過ぎ戻るとそれらしき場所を見つけ行ってみると「ガックリポン」、写真は魅力的に撮ってあると感心した。



次に目指したのは「葛根田渓谷」、ここは早く紅葉するらしい、それに秘湯があるんだって!
国道46号から長山街道を走ると、黄金色の田んぼの向こうに「岩手山」が見えた。


「玄武洞」幅160m高さ70mの柱状節理断崖 特別天然記念物 


県道194号に進む「葛根田渓谷」は紅葉最盛期、美しすぎて「ワ~オ!」と叫ぶ私
ゆっくり走らなきゃもったいない、どん突きには地熱発電所、その手前に「鳥越の滝」
あちこちから地熱の湯煙が上っていた。


秘湯の宿「滝ノ上温泉 滝峡荘」 午前9時一番風呂に入る。
500円なり~紅葉見風呂最高~
滝峡荘は素泊まりのみ、自炊し登山する客が殆どのようです。
ここを拠点に「乳頭山」「湯森山」に登るのがよさそう!


 次は何処へ行こうか!遠野か平泉か迷って、錦秋湖から巌美景に行くことに決めた。
ナビに行き先をセットして、長山街道を南下する。雫石で「手作りアイスクリーム牧舎」の看板に惹かれて停車「まつぼっくり」で山葡萄アイスを購入、ミルクが濃くて美味しい♪



行き当たりばったりの旅、たまに酷い目にもあう(泣)
「道の駅錦秋湖」へ向かう途中ナビが「交通状況が変わりました。」って言うの、30分程で着くはずが65kmも遠回り、それも山道・・・・
なんと、国道107号が土砂崩れで通行止めそれに伴い5月から休業だった。(涙)
人気のない寂しい「道の駅錦秋湖」でトイレを使い、来た道を戻ったのでした。
2時間も時間をロスして、「道の駅巌美景」に着いたのは16時、強風に雨がパラパラ降ってきた。
道の駅で日帰り湯情報を聞き「簡保の宿」で温泉につかった。
時間がちょっと遅くなって、お食事できるところがなかったが、セブンイレブンが近くにあったので今宵はコンビニの親子丼とビールとした。
明日の計画を練り8時半就寝


10月9日(金) 巌美渓(げんびけい)~平泉~猊鼻渓(げいびけい)~道の駅上品の郷

目が覚めると外は小雨、お湯を沸かしコーヒーを入れ、バナナとリンゴを食べる。
犬の散歩をしているお母様方と話をする。するとここが「空飛ぶ団子」で有名な場所だった。
「空飛ぶ団子」は知ってたけど「巌美渓」の名前と場所は今回初めて知ったのです。



平泉「毛越寺(もうつうじ)」駐車場300円+拝観料500円
「夏草や兵どもが夢の跡」で有名お寺、平日の開園すぐとあって静かな境内だった。


「中尊寺」駐車場300円(割引券あり)拝観料800円
「金色堂」は素晴らしい、金の輝きと装飾の素晴らしさ、これぞ世界遺産!


境内は菊祭りの準備であちこちに出店を組み立てていた。ここも静かに見ることができた。
週末となると大勢の人でごった返すのでしょうね
駐車場に戻り、隣接する蕎麦屋さんで「わんこ蕎麦」でなく「もり蕎麦」と「舞茸天麩羅」を食べる。
無性にその組み合わせで食べたかったのだ!

「猊鼻渓」に車を走らせる。今日は観光オンリーなのだ!
本日のラストミッション「猊鼻渓舟下り」 紅葉にはまだ早いが切り立った石灰岩の断崖は高さ100m迫力がある。つい癖で登れそうなルートを探してしまう、今年は殆どクライミングしてないくせに!


「猊鼻渓」の名前の由来は、鼻の形をした岩からだそうで、その左下に開いた目のような穴に「運玉」を投げて入れば願いが叶うそうです。


「うん玉」は5ヶ100円下記の字が刻んであります。

「福」「縁」「寿」「愛」「願」「運」「恋」「絆」「禄」「財」

4ヶ投げて1ヶ入りました。そして「縁」うん玉持ち帰りました。
何事も「縁」が大事だと思うこの頃なのです。

車を停めた「紙すき館」で、焼団子を食べて今宵の宿「道の駅上品の郷」へ
「道の駅津山」に立ち寄る。「もくもくハウス」で木工芸品を販売していて興味深かったがお高いので買わなかった。津山杉を加工した「矢羽木工品」は箱根の寄木細工に似て芸術的だった。

「道の駅上品の郷」は温泉施設があり21時まで、レストランは20時くまで営業している。
温泉につかり、ご飯を食べてリラックスできるソファーもあり天国だわ
コンビニ「ヤマザキショップ」6:00~22:00 すぐ隣にファミマ、ガソリンスタンドもあった。

道の駅は車中泊の友、特に温泉があれば天国^^
「らら号」は快適空間、今宵も爆睡したのでした。

         明日は何処へ行こうかな、旅はまだ続きます・・・・


☆東北紅葉ツアー2015 その1   ☆東北紅葉ツアー2015 その2